Twitter集客頑張ってます。最近やっている手法について

ウザメンション web集客

ども。半兵衛です。

アフィリエイトをコツコツやっております。

最近、Googleの変動が激しく、正直、ユーザーファーストのサイトをつくっていても、なかなか上位表示できなかったり、検索順位が下がったりしてしまう状況が続いています。

(参考:アフィリエイト専業6年目にして初めてほぼ全サイトがペナルティを受けました。

そこで、Google以外からの集客も頑張らないといけないと思い、Twitter集客を始めています。

今回は私が最近、少し、効果が出ている、Twitterの集客方法をご紹介したいと思います。

最近やっているTwitterの集客方法

特に目新しい方法ではありません。地道なやり方です。

半兵衛チャンネルの営業活動でもやっていますが、ざっくりいうと、Twitter検索を使って、親和性のあるユーザーに直接呼びかけて、サイトに誘導するという方法です。

では、やり方を解説します。

手順1:誘導するための固定ツイートを用意する

例えば、半兵衛チャンネルのTwitterアカウントを使って、半兵衛作業チャンネルに誘導したいと思った場合、作業チャンネルのリンク付きツイートをプロフィールに固定します。

プロフィールにキラーツイートを

できればリンク付きで、ユーザーに響く内容にしておきましょう。

手順2.Twitter検索で親和性のあるユーザーを探す

次にTwitter検索で、親和性のあるユーザーを探します。

半兵衛チャンネルの場合、アフィリエイト・ブロガー初心者の方を第一のターゲットに、さらに絞り込むと、副業でなかなか仕事終わりに作業する気が起きない人がターゲットとなります。

そんなユーザーがつぶやきそうなワードを入れます。

例えばベタに「アフィリエイト 初心者」と検索してみると

Twitterでアフィリエイト初心者を検索

うーん。アフィリエイト初心者の人というよりかは、教える側の人の宣伝ツイートが出てきしまいます。

ベタなワードですと、ほとんど宣伝の人のTwitterが出てきてしまうので、ひねらなければなりません。

そこで、例えば「アフィリ しんどい」とかで検索してみましょう。

アフィリエイトをやっていて、作業がしんどい人は作業チャンネルとの親和性があると思うからです。

検索窓で「アフィリ しんどい」といれて

さらに話題のツイートではなく、すべてのツイートをクリックしましょう。

「アフィリ しんどい」で検索

検索してみると、先ほどと、属性が大きく違うのがわかります。

明らかに商用アカウントではなく、個人アカウントのツイートが出てきます。

手順3.いいねをしていく

親和性のあるユーザーのツイートを片っ端からいいねしていきます。

Twitterいいね作戦

商用でないアカウントは結構フォロワーがいないユーザーも多く、なかなかつぶやきがいいねされていません。

ですので、急にいいねされると、何事かと思い、半兵衛チャンネルのプロフィールを見てくれるというわけです。

そこで、先ほどの固定ツイートを見て、「お!これは面白そうだな!」と思われたら、サイトを見てくれたり、フォローしてくれたりするわけですね。

手順4.親和性90%超のアカウントには直接リプをする

いいねだけではなく、やはり、直接リプするのが大事です。

半兵衛作業チャンネルであれば、一緒に作業するのに役立ててくださいとか、アフィリエイト初心者の方には質問も自由にできるのでどうぞとか、直接リプすることで、CVRがかなり高まります。

ウザメンション

ちょっと唐突すぎてうざいかもしれませんが、礼儀正しく、相手にメリット与えるようにリプすると、反応してくれるはずです。

といった感じで、特に目新しい方法ではなく、地道で、根気のいる作業ですが、目に見えて効果があると思いますので、皆さんも試してみてください。

くれぐれもうざツイートはしないようにしてくださいね。

そもそも、素晴らしいコンテンツならGoogleなしでも行けるはず!

Googleがコンテンツ重視とは言えない感じになっていますし、今後も、どう動くわかりません。

しかし、僕らはGoogleに良きサイトを届けたいのではなく、ユーザーに届けたいはずです。

確かにGoogleを使えば、毎日お客さんが来てくれて、集客としては最高なのですが、Googleでなくても、本当に素晴らしいコンテンツであれば、集客できるはずです。

その一つとしてTwitter集客今後もがんばっていきたいと思います。

今一度、原点に立ち返って、ユーザーファーストなサイト作りをやっていきたいと思います。

その結果、Googleがついてきてくれたら、収益倍増間違いなしでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました