メルマガ第1回目

社畜からの脱却!6桁アフィリエイター半兵衛のアフィリエイトノウハウマガジンを登録いただき誠にありがとうございます。

始めまして!アフィリエイターの半兵衛と申します。

第1回目はアフィリエイトとは何か、アフィリエイトを始めることというのはどういう意味を持つのかについてお話しさせていただきます。

☆アフィリエイトとは

まずアフィリエイトとは何かについてです。

アフィリエイトとは自分のブログやホームページに広告を貼って、そのサイトに訪れたユーザーがあなたのサイトを通じて広告をクリックし、商品を買う等のアクションを起こしてもらうことで、広告仲介手数料をもらうビジネスのことを言います。

自分のブログに広告を貼るために会社ごとに契約でもしなければならないのではないか?と思うかもしれませんが、現在では広告を仲介しているASP(Affiriate Service Provider)という会社があり、自分のブログやホームページをASPに登録し、承認を受けることで、簡単に広告が貼れるようになっています。

アフィリエイトは「消費者」「アフィリエイター」「ASP」「広告主」の4者によって成り立っているビジネスです。

ブログに広告を貼るにあたり、審査の厳しい広告主もいますが、審査なしで承認してくれる広告主もいますので、ブログやホームページを作ったことが無い初心者の人でも簡単に始めることができます。アフィリエイトの魅力での一つです。

☆広告のジャンルは何があるのか?

第2回以降でも解説していきますが、ジャンルは本当に多く、何でもあると言っても過言ではありません。

美容関連、保険、株、FX、転職、物販、車、保険、ギャンブル、旅行、出会い系、などなど

あなたの興味のあるジャンルがあるはずです。

☆アフィリエイトはいくら稼げるの?

アフィリエイトは1件数百円といった単価の低いものもあれば、1件3万円以上の高単価のジャンルもあります。また、件数を増やしていき、サイトの評価が高まれば広告主から特別単価の要請があったりもします。1件5万円を超える特別単価をもらっている人もいるようです。

そのようなスーパーアフィリエイターの方であれば月100万円を超えている人はゴロゴロいますし、中には月1,000万円を超えている人もいるようです。

私もようやく月10万円を稼げるようになりましたが、まだまだ下のほうでくすぶっている存在です。

一方、アフィリエイトで月5千円以上稼げている人は全体の10%に満たないという話にもあります。アフィリエイトは誰でも簡単に始めることができるのですが、そう簡単には稼げるようになれませんので途中で諦めて辞めていく人も多いようです。

アフィリエイトでいくら稼げるのという話ですが、可能性でいえばいくらでも稼ぐことができます。天井はありません。

☆アフィリエイトというビジネスの魅力

アフィリエイトはブログやホームページを作って広告収入を得るビジネスですが、他のビジネスと違い、以下の強みがあります。

(1)いつでもどこでもパソコンがあれば作業できるし、いつでも休むことができる

(2)元手がほとんどかからない

(3)一度作ったサイトはなくならないので、ほったらかしでお金が入ってくる

(4)アフィリエイトに飽きて、しばらく作業をしなくても、基本的にはサイトは残っているので、またいつでも復活することができる

(5)ネットマーケティングを学ぶことができる

アフィリエイトはパソコンがあればいつでも作業ができますし、休むこともできます。客商売であれば勝手に休むと迷惑がかかりますが、アフィリエイトは自由です。

また、元手がかからないビジネスであるという点も他のビジネスより優れている点です。

そして、一度仕組みを作ってしまえば、ホームページが自動的にお客さんを呼び込みお金を生んでくれるというのもすごいビジネスです。

さらに、アフィリエイトに飽きてしまっても、また気が向いたときに始めることができるという点も大きなメリットです。

そして最後にネットマーケティングを学べるという点です。

どうすれば検索上位に表示させることができるか、どういうキャッチフレーズを入れれば購入まで動かすことができるか、SNSでの集客術やサイト作成能力まで身に付きます。

今後、アフィリエイト以外のビジネスを始めたくなったとき、ネットマーケティングを身に着けておけば大きな武器になることは間違いないでしょう。

以上、アフィリエイトの魅力についてご理解いただけましたでしょうか。

☆アフィリエイターの存在価値について

アフィリエイトやネットビジネスと聞くと、多くの人が胡散臭いイメージを持っているのではないかと思います。
「小手先のテクニックでだましてお金を稼ぐ、結局ねずみ講と一緒でしょ?」みたいイメージを持っている方もいるかもしれません。
ですが、それは全くの誤解です。アフィリエイターはお金を稼ぐだけが目的ではありません。

問題を抱えたユーザーが検索エンジンで検索し、その問題を解決するようなわかりやすい情報記事を提供し、その対価として報酬を得ることが目的です。

オフィシャルサイトだけではどうしても自社のサービス、商品の良さしか書かれていませんが、中立的な個人のサイトであればより信頼できる情報を得ることが出来るはずです。

より必要な情報を求めてオフィシャルサイトではなく、個人の体験談のブログ等を探した経験はないでしょうか。その個人のブログを見て、購入するに至った経緯が誰しもあるかと思います。

このように、アフィリエイターは中立な立場でユーザーが求めている情報を提供するという点で世の中に必要とされていると考えられます。

☆アフィリエイト等の自分のビジネスを持つことの意味

ブラック企業が溢れかえる現代の日本では多くの人が時間を会社に奪われています。

昇進すればするほど、多くの仕事を任せられるようになり、時間が必要になります。

企業に勤めている人がさらに上を目指すためにはもっと時間を費やすようになります。
すなわち、企業に勤めているとお金と時間の関係は以下のようになります。

お金↑ = 労働時間↑
一方、アフィリエイトなどの自分のビジネスを持っている場合は以下のようになります。

お金↑ = 労働時間→
アフィリエイトでは売上が増えたからと言って労働時間が増えるということはありません。むしろ、人を雇ったり、外注したりする余裕が増えるので労働時間は減るのではないでしょうか。

このことから、アフィリエイなどの「自分のビジネスを持つこと」と「企業に勤めて給料をもらう」というビジネスではお金を得る方法が違うことがわかります。
すなわち、

企業に勤めている人は「時間をお金に換える」のに対して

自分のビジネスを持っている人は「アイデアをお金に換える」という点で大きく区別されます。
そして、前者はお金を増やすためにどんどんと時間を費やさなければならないのに対して後者は時間ではなく、アイデアを練る必要があります。

「金持ちになる男、貧乏になる男 スティーブ・シーボルド (著)」にも書かれていましたが

「貧乏になる男は時間をお金に換えようとするのに対してい金持ちになる男はアイデアをお金に換えようとする」と書かれています。

お金持ちになるためにはアイデアをお金に換えるということを意識するようにしてください。きっと世界が変わると思います。
「自分のビジネスを持つこと」と「企業に勤めて給料をもらう」の二つの違いについてもう1点、知っていただきたいことがあります。

それは

企業に勤めている人は「お金を生み出すシステムの中で働く」

のに対して

自分のビジネスを持っている人は「お金を生み出すシステムを作るために働く」

という点で大きく区別されるということ点です。

お金を稼ぐシステムを作ってしまえば、働かなくても自動的にお金が入ってくるようになります。そして、さらに新しいビジネスを作り、もっとお金を増やしていくことができます。

一方、お金を稼ぐシステムの中で働いている人はほとんどの時間がそのシステムのために費やされてしまいますので、お金のために働くことしかできません。そして、万が一そのシステムに欠陥が出れば責任を取って会社を辞めなければならなくなったり、減給となったり、会社ごと倒産してしまうこともあり得ます。

もちろん、優秀な人材であれば他のシステムでも重宝されますが、果たしてそのシステムを作っている人よりも多くのお金、多くの自由時間をもらうことができるのでしょうか。恐らく無理でしょう。

アフィリエイトをするということは単なる副業ではありません。お金を生み出すシステムを作るという作業をしていることを意識してください。このシステムはあなたにとっての最大の資産となります。

持っているだけでお金が入ってくる本当の資産です。ローンの返済でお金を奪う持ち家や車検やガソリン代でお金を奪う高級車のような持っているだけでお金を奪っていく偽物の資産とは異なります。

アフィリエイトを始めるということは自分のビジネスを持つんだという熱い気持ちでトライしていただきたいと思います。

さて、熱く語ってしまいましたが、次回以降から具体的な作業についてお話しさせていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*