Google AdSenseで稼ぐコツ・方法2 ブログ記事の文字数は何文字以上にすべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加 

皆さんこんにちは。ネオニートアフィリエイターの半兵衛です。前回の「Google AdSenseで稼ぐコツ・方法 アドセンス用のブログを作れ!」の記事はご覧いただけましたでしょうか。今回もグーグルアドセンスの収益を上げるべく考察していきたいと思います。

今回はグーグルアドセンスのブログ記事の文字数は何文字以上にすべきかがテーマです。これすなわち、Googleの検索順位で上位にあげるためには文字数は何文字以上にすべきかということと同義になります。800文字以上か、1000文字以上か、はたまた2000文字以上か、検証していきましょう。

いきなり結論!ブログ記事の文字数は何文字以上が適切か

前回の「Google AdSenseで稼ぐコツ・方法 アドセンス用のブログを作れ!」の記事でも紹介した通り、なるべく記事を外注し量産して、グーグルアドセンスで回収するという効果的かつ効率的な方法を推薦しています。現在はブログ1記事800文字前後で100円で契約して書いてもらっています。

でも、なかなか収益が上がらないなあと思い、文字数が問題なのかなあとTwitterでつぶやいていました。もうこれは1000記事くらい入れないといけないのかなあと思っていました。するとマナ先輩より有難いアドバイスといいますか、もう答えに匹敵するツイートをいただきました。

  ぬお!300記事で月3万円とな!!で文字数は何文字がいいのかなとお尋ねしたところ。  

ブログ記事の文字数は1200文字以上!これが答えです!
(半兵衛の解釈)

前回紹介した私の美容豆知識.comは500文字~900文字程度・・・ちょっと足りなかったですね。

でもまあ、仕方ありません。次の契約から文字数を増やしていこう。でも1200文字以上で1記事100円っていうのはあまりにもブラックというか誰も応募してこないのではないかなぁ~。

今後ブログ記事を外注しようと思っている方は1200文字以上が良いですかね。せめて1000文字以上で募集をかけてみましょう。単価は100円では来ないかもしれません。150円、200円で交渉してみてください。

外注記事100記事入れた結果、アクセス数はどうなったか

そうこうしている間に外注さんが記事を納品してくださり、ついにブログの記事数が100記事を超えました。その結果、アクセス数に大きな変化が起きました。以下推移をみてください。

外注ブログアクセス推移

まずこれはアクセス数の推移です。3月に入り100記事を入れましたが、一気にアクセスが増え

なんと!1日100人を超える訪問者が訪れるようになりました。

検索流入推移

これは検索エンジンからの流入数です。ほとんどのユーザーが検索エンジンから来るようになりました。検索エンジンから来たユーザーはアドセンスがマッチしていた場合クリックする可能性が高まります。

ちなみに直帰率ですが
直帰率

直帰率半端ねえっす。

やはり文字数が少ないというのもあり、内容の薄いペラペラの記事が多いんですよね。すぐ離脱してしまうのでアドセンスをクリックする可能性も下がっていると思います。

外注記事を100記事入れた結果、アドセンス収入はどうなった?

規約違反になるため、具体的な数字はお伝えすることはできませんが、アクセスが増えたのち明らかにクリック数が増えてきました。クリック率1%程度はあるのではないでしょうか。このまま記事数を増やして300記事を入れれば月3万円とは言わないまでも、それに近い収益をあげられるのでは?とかなり希望に満ちております。

また、アクセスの多い記事については文字数を増やしたり、成果報酬型のアフィリリンクを入れたりと周到に売上を上げる努力をしております。楽しいですね。

1記事1200文字以上で100円はブラックすぎるのでは?800文字でも十分ブラックでしょ

私はブログの記事をランサーズを使って外注しています。1記事100円~300円で契約していますのでとても安く入手できて本当に助かっています。

ですが・・・・・

「1記事100円って時給いくらやねん!このブラック悪徳社長が!!」

という批判があるのではないでしょうか。

確かにこれで強制労働させればブラックすぎて逮捕されてしまいそうですが、クラウドソーシングは単発の契約でしかも双方の合意で契約をしています。また、契約相手はプロのライターでもなんでもないですし、時間の拘束等はなく、嫌になったらやめることもでき、罰金もありません。

1記事100円はやはり安く定着率が低いのですが、この前契約が終了した外注さんにとてもいい評価をいただきました。


外注さんからのメール
「得意分野とは言え合計4万文字以上も書けたことはいい経験になりました。ところで次回の案件ですが、今回の記事とは別テーマで新たに50記事しかも1000文字以上というのは正直自信がありません。また本来の業務も繁忙期になるため今回以上に時間がかかると思われます。申し訳ありませんが辞退させていただきたいと思います。」「貴重な機会と高い評価をいただき感謝します。」


50記事書いていただいたのすが、記事も良記事で納品も早くそして安く、本当に助かりました。さすがに契約の継続とはいきませんでしたが、外注さんもいい経験をすることができたと感謝され最高評価をいただきました。

お互いWINWINの関係で契約を完了させることができたおもいます。

私が実践している外注さんのやる気を格段アップさせるための方法

外注さんは素人のライターさんなので記事を書く練習に我々アフィリエイターを使ってくれればお金をもらいながら練習もすることができ、ランサーさんにとってもいいのではないのでしょうか。というわけで私はそんなにブラックなことをしているとは思わず、むしろ役に立っているのではないかなあと思っています。

もちろん、質の高い記事を作ってくれるのであれば単価をもっと上げていこうと思っています。ですが、実際に記事を書いてもらわないとそれはわかりません。高い単価で契約をしてしまうと、薄っぺらい記事が納品されてきたときや、リライト・コピペ記事を納品してくるような人であった場合こちらが損をしてしまいます。なるべく時間とお金を無駄にしないためにもまずは単価100円800文字で契約することがやはりおすすめです。

30~50記事納品してもらった後、信頼できる外注さんであると判断した場合に限り、単価をアップと文字数をアップさせて継続契約をすることが一番いい方法ではないでしょうか。今後はその方針で契約していこうと思っています。

アドセンス収入が上がれば上がるほど外注にあてるお金も増えますので雪だるま式でどんどんと収益とブログ記事を増やすことができるはずです。

自分でブログを書くのが飽きた時や得意じゃないジャンルのブログを始めたいと思ったとき、クラウドソーシングを利用して記事を外注するのも一つの方法かと思います


 →まずはブログ記事の外注にトライしてみよう!

No1 ランサーズ おすすめ
日本最大級の仕事依頼サイトです。記事作成の他、サイトデザイン、バナーデザイン、HTMLコーティングなどなど。アフィリエイトサイト作成に必要な業務を依頼することができます。登録も簡単で募集をかければ数日以内に応募があったりします。(仕事依頼作成時の仮入金不要&ネットバンクによる振り込みもOK)

No2 シュフティ
登録者数8万人以上の大手クラウドソーシングサイトです。オールジャンル取扱っていますが、「シュフティ」という名前の通り、主婦の方の在宅ワークサイトとして多くの主婦の方から選ばれています。そのため、美容系や子育て系等、主婦の方に適したジャンルの記事を募集したいのであればおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*