超絶良書に出会いました!疲れがとれない、鼻づまりが治らない人におすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ども。専業アフィリエイターの半兵衛です。

先日、自分の人生を変えるんじゃないかというような超絶良書と出会いました。

いつも月別収入報告では最後に本を紹介したりしているのですが、今回は良書過ぎたのでブログに書きたいとおもいます。

それが・・・・


「最高の呼吸法」

です。

今回は自己啓発本やアフィリエイトノウハウ本ではなく「健康本」です。

この本はこれからも長く健康でいたい、せっかくアフィリエイトで金持ちになったんだから、健康も維持して人生を謳歌しまくりたい!そんな人におすすめです。

また、アフィリエイトではまだ稼げていないけど、本業でも副業でもバリバリやっても疲れない健康体を維持したい方にもおすすめです。

とにかく今まで以上に健康になりたい方にはおすすめしたいです。

この本はタイトルの通り呼吸法について書かれています。

この本、曰く

人間は何も食べないと3週間しか生きられず、水を飲まなければ3日しか生きられず、そして、呼吸をしなければ数分しか生きられない。

最も大事なのは呼吸のはず。

にもかかわらず、健康を気にしている人は食事には気を使っても、呼吸についてはおろそかにしていると。最も健康に大事なのは呼吸法のはずなのに。

では、我々の呼吸法の何が問題がというと・・・

現代人の多くは息を吸いすぎ!

もっと二酸化炭素に対する耐性を持つべし!

ということが書かれています。

これを「過多呼吸症」と書かれていました。つまり普段から息しすぎ病です。

すぐバテる人はすぐに呼吸をしたがります。

プロのアスリートと肥満体質な人が一緒に走ったらどちらが大きく息を切らすでしょうか。

普段からため息が多い人、呼吸が穏やかでない人は過多呼吸症のの可能性が高いです。

普段から多く息を吸う人、特に口呼吸の人は風邪もひきやすく、いびきもかきやすいです。

実は深呼吸も良くないそうなんです。

鼻呼吸で、呼吸は小さく、少ない方がいいんです。

確かに身近な人でタフでしゅっとしてイケてる人を思い出すと、皆、鼻呼吸で呼吸の量も少なそうな感じがしますよね。

また、プロのアスリートの選手が高地トレーニングをするのも、二酸化炭素に対する体制を強くすることが一つあります。

そして、この本では日常でも二酸化炭素の耐性を作る、

「日常でできる疑似高地トレーニング」

を紹介していて、日常でも二酸化炭素に対する耐性を作るトレーニング法が書かれています。

どんなトレーニング法なのかはぜひ本屋でみてください。

鼻づまりを治すトレーニングがすごい!

また、この本では鼻呼吸の大切さを書いています。

なんだったら運動しているときも鼻呼吸しろと書かれています。

ただ、確かに鼻呼吸が良いということはよく聞くかと思いますが、鼻炎に悩まされている人、鼻詰まりがひどい人はどうやっても鼻呼吸ができないですよね。

日常は意識すれば鼻呼吸ができますが、寝ている間はどうしても口呼吸になってしまいます。

私も鼻アレルギーが強くて、耳鼻科で粘膜を焼いてもらったりしたりして、少しはマシになったのですが、時々鼻は詰まりますし、どうも根本的なものが治っていない気がしていました。

そこで、この本に紹介されている鼻づまり改善トレーニングを実践してみました。

ちょいとネタバレになりますが鼻呼吸できていない人は試してみてください。

私もこれを実践してみたところ、確かにやったときは鼻で吸えました。しかし、またしばらく経つと元に戻りました。

ですが、これを毎日、歩いているときとかに実践したところ、どんどん鼻が楽になっていっています。

この本によると、息を止めながら80歩まで歩けるようになると、本当にすべての鼻炎がなおるそうなんですよね。無理をすると酸欠で倒れてしまうので、ゆっくりと進めています。

そして、このトレーニングを続けると、寝るときも鼻呼吸になります。

この本では寝るときは口にテープをして寝るように書かれていて、実践したところ、とても気持ちよく眠れました。朝起きるとき気持ちよく目覚めることができました。(ちなみに寝るときのテープはねるねるがおすすめです。)

この調子でどんどん呼吸レベルを上げていき、最高の呼吸法を身に着け、仕事もバリバリ、健康も維持して、人生をもっとアクティブに楽しみたいと思います。

鼻呼吸がなかなかできない人はぜひ試してみてください。

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*