価格が安くておすすめのレンタルサーバーとは【安くて高性能のスターサーバーの評判】

このエントリーをはてなブックマークに追加 

最も価格が安くかつ、高性能のレンタルサーバーはどこか検証してみました。コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを紹介します。

一番価格の安いレンタルサーバーを比較

以下、主要なレンタルサーバについて各社試用期間、料金、スペックで比較してみました。

会社名試用期間主な料金スペック
スターサーバー
14日間月額:540円
初期:1,620円
容量:100GB
MySQL:20個
マルチドメイン:無制限
さくらインターネット14日間月額:515円
初期:1,029円
容量:100GB
MySQL:20個
マルチドメイン:20個
GMOクラウド7日間月額:1,522円
初期:5,400円
容量:400GB
MySQL:60個
マルチドメイン:90個
ヘテムル15日間月額:1,500円
初期:3,950円
容量:200GB
MySQL:100個
マルチドメイン:無制限
ロリポップ!
10日間・コロリポプラン
月額108円~
初期:1,620円
・ロリポプラン
月額270円~
初期:1,620円
・コロリポプラン
容量:10GB
MYSQL:0個
マルチドメイン:20個
・ロリポプラン
容量:50GB
MYSQL:1個
マルチドメイン:50個
エックスサーバー
10日間月額:1,080円~
初期:3,240円
容量:200GB
MYSQL:30個
マルチドメイン:無制限
(料金等は随時変更される可能性があります。)

価格の安さで選ぶのであれば、安さで他社を圧倒しているスターサーバーロリポップ!そして、初期費用の安いさくらインターネットも候補にあがります。

ちなみに、ロリポップ!のコロリポプランは月額108円と安いのですが、MySQLが0個となっています。これでは原則WordPressが使えませんので比較対象から外しています。

2.スターサーバーVSロリポップ WordPressの速度ので比較

月額料金で500円~と安いスターサーバーとロリポップですが、どちらが高性能なのでしょうか。

実際に両者を登録してみてWordPressの読み込み速度の点で両者を体験してみましたが、圧倒的にスターサーバー(スタンダードプラン)のほうが速いです。しかも、MySQLは20個もありますので、WordPressでも多くのサイトを作ることができ、コストパフォーマンスが良いことがわかります。

MySQLは原則、WordPressのインストールできる数になります。

1個しかなければ原則1サイトしか運営できません。もちろん、サブドメイン等でサイトを量産することは可能ですが、できれば独自ドメインでサイトを持つほうがSEOの面からも良いでしょう。

安さとスペックで選ぶのであればスターサーバー(スタンダードプラン)をおすすめします。

3.まずはレンタルサーバーの無料お試しを期間を利用してください

レンタルサーバーは料金の他にも速度や性能等で細かい点が異なります。また、WordPress等のブログを運営するのか、HTMLで本格的にサイトを作るのかによっても向き不向きがあるでしょう。

自分にあったレンタルサーバーを探すには、一度無料体験をしてみることがおすすめです。契約する前に必ず無料で使って見るようにしてください。どのレンタルサーバー会社も7日~14日程度の無料試用期間を設けていますので、実際の使用感を試してみてあなたにあったレンタルサーバーを見つけてください。

コスト面を重視するのであればスターサーバー(スタンダードプラン)です。

まずは無料お試しで体感してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*